Design and Create RSS



自分の足にぴったりのパターンを作る方法

大量生産の靴作りの現場では、靴は平均的な足の木型をもとに作られるため、自分の足にぴったりの靴を探すことは難しいです。 LOPERは、靴のアッパーを作る段階で、自分の足に合わせて簡単にパターンの調節ができるため、より個人の足にあった靴を作ることが可能になります。   ソールの選び方 裸足でソールに足を乗せます。 かかとの位置を合わせて、つま先がだいたい2cmほど余るソールが、自分の足に合ったソールです。  型紙を調整する際に、甲パーツ、かかとパーツをそれぞれの足に合わせて選んでいきます。   甲パーツ   かかとパーツ     甲高さんの場合 甲高さんが靴を選ぶ場合、大抵は甲の大きさに合わせて靴を選ぶため、つま先の部分があまりすぎてしまいます。 つま先部分があまりすぎていると、歩きにくかったり、靴が大きすぎて不恰好に見えてしまうことがあるので、ソールのサイズに合わせて、アッパーの大きさを調整していきます。     ソールは37/38でも、履いたときには39がぴったり方の場合の調整方法です。 38と39の甲の型紙を用意します。     38の型紙の真ん中を切り開きます。     39の横幅に合わせて開き、     テープで固定します。   通常、かかとの部分の型紙は、38のまま、甲の部分だけを調整すると、足にぴったりの靴が完成します。   39を着用したとき、かかとの部分も余裕がなさそうであれば、かかとパーツも39に変更します。   それぞれの足に合わせて型紙を組み合わせていきます。   甲低さんの場合   甲低さんは、足の長さに合わせてソールを選ぶと、アッパーがブカブカになってしまうことが多いです。       履いた状態は、こんな感じ。   つま先の部分はちょうどいいのに、かかとがぶかぶかで、甲の部分にも余裕が出過ぎています。 一つ小さいサイズを履くと、アッパーはぴったりでも、つま先が当たって痛いです。   かかとのパーツを、1サイズ小さいものに変更します。     甲のパーツは、甲高さんの時とは逆に、ワンサイズ小さい型紙に合わせて幅を狭めていきます。   このくらいまで、切り、一つ下のサイズに合わせて、型紙を縮めます。     テープで固定して、完成です。   原理としては、Derby以外の他のデザインの靴、全てに応用でます。 甲の部分はぴったりだけど、かかとの部分は大きい、と感じる場合は、かかとのみを調整。 かかとはぴったりだけど、甲は大きい、の場合は、甲のみの調整。   選ぶ革によって、のび具合が違うので一概には言えませんが、出来上がってすぐの時は、   ぴったり、少し小さいかな。   と感じるくらいのサイズ感で作ると、馴染んだときにちょうど良くなります。 足に負担がかからなそうだから、柔らかい革を選びたい、という方が多いですが、革が伸びすぎてしまうと、歩きにくさの原因にもなります。   個人的な感想としては、外反母趾さんや、巻き爪さんなど、足にお悩みがある方以外は、比較的しっかりとした革で、最初は硬いな、と感じたとしても、徐々に自分の足で育てていく靴の方が、長くたくさん履ける靴になると感じます。     わからないこと、ご意見などあれば、お気軽にお聞かせくださいね。          

Continue reading



Loper Workshop@FabCafe Tokyo

Loper's workshop was held at FabCafe Tokyo in Shibuya on March 23rd and 24th.Most people had never had an experience of making shoes, but it was a great success with 20 customers in two days.Thank you for your participation.It was cool to see that everyone was quick and focused and worked silently from beginning to end. ..The excitement is irresistible as the shape of the shoes gradually changes from a flat surface to a three-dimensional shape We will continue to hold Loper workshops all over Japan in order to meet various people's expressions, personalities, and smiles.

Continue reading



Making shoes by remaking a leather jacket

This time, a staff member who had never made "shoes" disassembled old clothes and used them as "fabric" to make original shoes. Purchased about 10 years ago. Leather jackets from the 80's and 90's are less likely to make you want to wear them aggressively.However, I still haven't been able to wear it, and I was wondering how to dispose of it, so I decided to reborn the jacket as a "shoe fabric".The process of printing and cutting free patterns and writing patterns on the fabricThis time I made a design called Derby. (You can download it for free.) Cut the downloaded pattern, make a hole and connect it to make 4 parts (8 parts in total) with one foot.You can...

Continue reading