Design and Create RSS



自分の足にぴったりのパターンを作る方法

大量生産の靴作りの現場では、靴は平均的な足の木型をもとに作られるため、自分の足にぴったりの靴を探すことは難しいです。 LOPERは、靴のアッパーを作る段階で、自分の足に合わせて簡単にパターンの調節ができるため、より個人の足にあった靴を作ることが可能になります。   ソールの選び方 裸足でソールに足を乗せます。 かかとの位置を合わせて、つま先がだいたい2cmほど余るソールが、自分の足に合ったソールです。  型紙を調整する際に、甲パーツ、かかとパーツをそれぞれの足に合わせて選んでいきます。   甲パーツ   かかとパーツ     甲高さんの場合 甲高さんが靴を選ぶ場合、大抵は甲の大きさに合わせて靴を選ぶため、つま先の部分があまりすぎてしまいます。 つま先部分があまりすぎていると、歩きにくかったり、靴が大きすぎて不恰好に見えてしまうことがあるので、ソールのサイズに合わせて、アッパーの大きさを調整していきます。     ソールは37/38でも、履いたときには39がぴったり方の場合の調整方法です。 38と39の甲の型紙を用意します。     38の型紙の真ん中を切り開きます。     39の横幅に合わせて開き、     テープで固定します。   通常、かかとの部分の型紙は、38のまま、甲の部分だけを調整すると、足にぴったりの靴が完成します。   39を着用したとき、かかとの部分も余裕がなさそうであれば、かかとパーツも39に変更します。   それぞれの足に合わせて型紙を組み合わせていきます。   甲低さんの場合   甲低さんは、足の長さに合わせてソールを選ぶと、アッパーがブカブカになってしまうことが多いです。       履いた状態は、こんな感じ。   つま先の部分はちょうどいいのに、かかとがぶかぶかで、甲の部分にも余裕が出過ぎています。 一つ小さいサイズを履くと、アッパーはぴったりでも、つま先が当たって痛いです。   かかとのパーツを、1サイズ小さいものに変更します。     甲のパーツは、甲高さんの時とは逆に、ワンサイズ小さい型紙に合わせて幅を狭めていきます。   このくらいまで、切り、一つ下のサイズに合わせて、型紙を縮めます。     テープで固定して、完成です。   原理としては、Derby以外の他のデザインの靴、全てに応用でます。 甲の部分はぴったりだけど、かかとの部分は大きい、と感じる場合は、かかとのみを調整。 かかとはぴったりだけど、甲は大きい、の場合は、甲のみの調整。   選ぶ革によって、のび具合が違うので一概には言えませんが、出来上がってすぐの時は、   ぴったり、少し小さいかな。   と感じるくらいのサイズ感で作ると、馴染んだときにちょうど良くなります。 足に負担がかからなそうだから、柔らかい革を選びたい、という方が多いですが、革が伸びすぎてしまうと、歩きにくさの原因にもなります。   個人的な感想としては、外反母趾さんや、巻き爪さんなど、足にお悩みがある方以外は、比較的しっかりとした革で、最初は硬いな、と感じたとしても、徐々に自分の足で育てていく靴の方が、長くたくさん履ける靴になると感じます。     わからないこと、ご意見などあれば、お気軽にお聞かせくださいね。          

続きを読む



Loper Workshop@FabCafe Tokyo

3/23・24日に渋谷のFabCafe TokyoでLoperのワークショップを行いました。靴を作るのは初めてという人がほとんどでしたが、2日間で20名のお客様にお越しいただき大盛況のうちに終わりました。ご参加いただきありがとうございます。https://vimeo.com/326369362最初は本当に作れるかな?私不器用だからという方もいましたが、始まってみるとサクサク進んで終始集中して黙々と作業する姿はカッコよかったです。。徐々に平面から立体になって靴のカタチが出来て行くに連れてワクワクはやはりたまりませんね。より自由でオリジナリティのある作品を仕上げていただきたく、レザーの他PVCやパンチングレザー、マイクロファイバーなど好きな素材から選べる設定にしました。完成して満足した表情で笑顔で帰宅する皆さんの笑顔を見れて、こちらも感動の多いワークショップでした。これからも様々な人の表現や個性、笑顔に出会うため、引き続きLoperワークショップを日本全国で開催していきます。

続きを読む



思い入れのあるレザージャケットをリメイクして靴作り

今回は「靴作り」をしたことがないスタッフが古着を解体し「生地」として使用しオリジナルのシューズを作りました。   10年ほど前に購入。80から90年代のレザージャケットは、「積極的に着たい!」と思えることが少なくなりました。しかしながらまだまだ着れないこともないし、思い入れもあり処分に迷いながら保管されていたジャケットを「靴の生地」として生まれ変わらせようと思いたちました。フリーパターンを紙に印刷、カットして、生地にパターンを書く工程 今回使用したLOPER(ローパー)はDerby(ダービー)というデザインです。(フリーダウンロードできます。)ダウンロードしたパターンをカットして穴を開けて繋げて片足で4パーツ(全8パーツ)作ります。そのまま別の生地を使ってもオリジナルの靴が出来上がりますが、せっかく「古着」のレザージャケットを使用するのでジャケットのディテールを使用してパターンをカットすることにしました。カットと穴あけ工程パターンをカットして 打ち抜きポンチや穴あけパンチプライヤーなど使用して糸を通す場所に穴を開けて行きます。カットしたパーツ アシメントリーなデザインにしたので左右のパーツを間違える心配が減りました。ファースナー部分やタックがある場所、肩のエポーレット部分を使用しデザインの一部として利用しました。仮止めと縫製テープで形を整えながら仮止めして行きます。 かかと部分の縫製から始まり、二本の針で交互に縫ってサドルステッチという方法を使います。レザークラフトの経験もないですが、とても簡単な縫製方法だと思いました。完成!靴紐をつけてあっという間に完成しました。約4時間程度でしょうか。生地を変えるだけでオリジナルのアッパーが作れるのがローパーの魅力ですが。古着のレザーを使うことでさらにオリジナリティが高まったような気がします。古着のレザーを使い靴づくりをする上での改善点古着を解体して→生地として使うという行為はとても楽しく、以前着ていた服が徐々に姿を変え、新しい価値が生まれていく工程がとても愛おしく思えました。かなり使用されたレザージャケットだったのでとても柔らかく、履きやすいがフィット感に欠けていたので、本来はもう少ししっかりとしたレザーを使う方が靴作りには適しているかもしれません。。また、積極的にジャケットのディテールを使用したため、縫い代など重なっている部分は厚くなりすぎてごわついてしまったということと、切り替え部分の本縫いミシンががほつれてしまったところもあったので、注意が必要だと思いました。また、普通の生地ではなく古着の生地が切り替割っている部分を使うことで、靴としての「面白さ」は出ましたがパターンが崩れてしまってしっかり形にならない部分もありましたのでここも改善点としてあげておきます。何はともあれとても楽しい靴づくりとリメイク体験でした。ローパーキットの購入はこちら

続きを読む